〈雑記〉Noriko学級への支援について

kinuyaでは、SDGsに則ったビジネスの一環として、ウズベキスタンにある無償の日本語学校「Noriko学級」を支援しています。

Noriko学級には、当店出資のもと開設された陶芸教室兼工房があり、そこで制作された作品をオンラインストアで販売。以下の基準をもとに、Noriko学級に寄付を行っています。

※Noriko学級そのものについてのご質問は、Noriko学級 後援会「Khumo -フモ-」までご連絡ください。

 

〈生徒達がメインで制作した作品〉

当店で「チャリティー商品」としているもの。売上仕入が主で、運搬費用や資材代などの諸経費を差し引いた売上の50%を寄付しています。

 

〈職人がメインで制作した作品〉

買取仕入が主。上述のチャリティー商品とは異なり、1商品につき、1USDから5USD程度を寄付しています。

 

当店の商品をご購入いただくことが、ウズベキスタンの子ども達の教育をサポートすることに繋がります。

また、Noriko学級で日本語・日本文化を学ぶ生徒達の多くは、日本への留学や就業が目標。人材不足が深刻とされている介護福祉業界や製造業、農業などの道を志す生徒も多く、日本が抱える問題へのアプローチにもなるのではないかと考えています。

kinuyaは、SDGsに則ったフェアなビジネスを理念とし、経済活動を通じて、貧困の根絶や教育の平等を目指します。